口コミサイトで治療実績を知り素敵な歯医者さんに巡り会おう

歯科

デンタルフロスの種類

治療台

デンタルフロスは歯と歯の間の細かな部分の汚れを綺麗にすることが出来るデンタルケアアイテムです。デンタルフロスは歯を清潔に保つことが出来る優秀なアイテムですが、値段や見た目などから適当に選んでしまっている人も少なくないでしょう。デンタルフロスには種類がありますし、それぞれに特徴や使用方法があります。今現在デンタルフロスを利用しているという人も、これから利用するという人も、デンタルフロスの基本的な情報を知っておきましょう。

まずデンタルフロスは糸巻きタイプとホルダータイプの2つに分けることが出来ます。一般的にホルダータイプは初心者向け、糸巻きタイプは使い慣れた人向けだと言われています。初心者でも簡単に使用することが出来るホルダータイプは、さらにF型とY型に分けることが出来ます。F型は前歯、Y型は奥歯というように、それぞれの箇所に合わせて使い分けると、歯の汚れをより効率よく取り除くことが可能になります。

一方、デンタルフロスを使い慣れている人向けの糸巻きタイプは、使用方法が少し難しくなるものの、ケア1回にかかる費用を考えるとホルダータイプよりもコスパが良いのが魅力です。糸巻きタイプに使用されている糸にはワックス系とノンワックス系、エクスバンド系に分けることが出来ます。歯間に入りやすいのがノンワックス系、歯垢を掻き出しやすいのがノンワックス系です。そして最も汚れが取れやすいと言われているのがエクスバンド系です。こちらのタイプは唾液や摩擦を加えるとスポンジのように膨らむため、歯間に溜まった汚れをしっかりと取り除くことが出来ます。このようにデンタルフロスと言っても、その種類や使用方法が異なります。それぞれの特徴を理解しておきましょう。